私の楽器たち:オーケストラの必需品

〜オーボエ(モダン)〜
これまでの人生を振り返って、私にとって最も大きな影響を与えたものはオーボエです。
オーケストラにとってオーボエは必需品といわれ入団したもののソロなどが多く目立つ楽器だったのです。私の出来不出来がそのままオーケストラの出来栄えになるといっても過言でなく、これはまずいと思いました。

コンサートのご案内〜ハープと打楽器の小さな音楽会

”音楽のまち”コンサート vol.42
日時:2023年3月18日(土)
一部:11:00(開場:10:30)
二部:14:00(開場:13:30)
場所:割烹石山 千鶴の間
料金:
1,000円(中学生以上)
500円(小学生以下)
※2歳以下の膝上鑑賞は無料
出演:
澤田 奏恵(打楽器)
高久 美穂(ハープ)

私の楽器たち:一音いくら?

10

〜イングリッシュホルン〜
オーケストラに在籍していると、曲によって時々イングリッシュホルンの含まれたものがあります。
古典ではバロックを除いてありませんが、たまにあっても、選曲の際イングリッシュホルンがいないからと断っておりました。

私の楽器たち:一生の思い出

今回は、「私の楽器たち」と題し紹介を兼ねた拙文を投稿させていただきます。
一生の思い出
〜リコーダーを通じた出会い(1)〜
2002年の夏から秋にかけて毎年のように那須ステンドグラス美術館の礼拝堂で、ミニ・コンサートを行っていましたが、2009年8月20日に、思いがけないことが、起きました。